スノースポーツヘルメット用インカム2016-2017

(2017/11 追記。SENA SNOWTALKは販売終了したようで、日本のSENA取扱業者でも、この話はなかったことにされてしまったようだ)

SENAのスノースポーツヘルメット用Bluetoothインカム、SNOWTALK が、日本の取り扱い業者でも発売予定になっているのに気がついた。

SENA SNOWTALK
イヤーパッドに仕込む左右スピーカー(兼本体)を、ワイヤーでつないだだけのシンプルな形。

英語の製品ページ→sena.com – SENA SNOWTALK

左右スピーカーにはそれぞれ1つづつ大きなボタンがついていて、操作はそれで行う。
スノースポーツ用ヘルメットはたいていイヤーパッドがソフトパーツになっているので、外から手で押せば、中のボタンを押せる、ということらしい。
なるほど・・・これなら、ヘルメットは外観上、全くのノーマルに見えるわけだ。いいかもしれない。
しかし全ての操作は、左右ボタンの、タップ・1秒長押し・3秒長押し・5秒長押しと、その組み合わせで行うことになる。覚えきれるかな?クイックスタートガイドPDFはスマホに入れて必携かもしれない。

シンプルな形なのはいいが、マイクが内蔵・アンテナも内蔵なので、これでちゃんと音を拾えるのか・電波の飛びはどうか、といった点が気になる。
(一応、外部マイク端子は用意されているが、外部マイクは添付されてはいない)

シンプルなだけあってリーズナブルなお値段のようで、海外ではすでに昨シーズンから売っていて、アメリカでは1個実売$99以下のようだ。
日本ではまだ価格未定とのことだが、いくらで売るのかな…1万円ちょっとくらいだといいな。

追記。SNOWTALKは senabluetooth.jp ではもう1年以上「近日発売」状態だったのか…どうなってんのかな。
→ 2016/11/14 セナブルートゥースジャパン / 株式会社インターソリューションマーケティング に問い合わせてみたが、「未定」という返事しかもらえなかった。

追記。機会があってちょっと触ってみたが、うーん、、、現状あまりオススメではないと思った。
誤操作防止だと思うが左ボタンが硬くて操作しづらい(左ボタンの使用頻度は低いのだが、電源ON/OFF時は使う)、
インカム時のスピーカー音量調整ができない。無線機用語でいうところのVOX的な動作をしているので常時通話感が薄い(マイクで音声を拾えたときのみ、送信している感じ。これは逆に言うと小声だったりノイズと誤認?された時は相手に伝わってないことがある)などが不満。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ソニーが、ヘルメットシェルに貼り付けて、シェルを振動させて音を出すBluetoothインカムを限定販売するそうだ。
大手メーカーも参入してきたのは歓迎したい。
でも3万円は高いなあ。
それに、妙に悪凝りしている感も…操作はリモコンで?操作も充電管理もめんどくさそう。
一度どんな音か聞いてみたい気はするが。これ、ステレオなのかなあ?
ソニー、“ヘルメットの振動”で1km離れた仲間と通話できるスノースポーツヘッドセット(Impress AV Watch 2016/11/02)

2017/07後記。これ、限定3000台ということだったが、どうも2016-2017のワンシーズンでは売り切ることが出来なかったみたいで、まだ販売しているようだ。こんな値段じゃなあ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*