ツルツルマウスはいやだ(Logitech M905系マウスの話)

塗装がつるつるなマウスは、指が貼り付くから嫌いなんですよ。
マウスは梨地であるべきですよ。1990年代のマイクロソフトなすびマウスみたいな。
最低でもつや消しマット塗装。とにかく、つるつるマウスはダメなんですよ!
(※個人の感想です)

ここ1年愛用していた、マット塗装のロジテック(ロジクール)M905が壊れてしまった。
壊れたといっても、ときどきチャタリングするようになってしまった程度なのだが、その程度といっても、チャタリングはむかつく症状である。

M905のいいところは、

  • 塗装がマットである点
  • ワイヤレスだけど小型で重量バランスがまずまずで思ったとおり動く点
  • ホイールがいい。円盤状でなく円筒状で触っていても指に食い込まない(私は常時中指をホイールに置いている)、回すと(あまり感触こそ良くないものの)クリック感がある(フリーホイールにしての高速スクロール機能は私は全く使っていない)。また、クリック感があるモードにしておいても、ホイール地雷現象(回してからしばらくしてから1ノッチ追加で回転判定がかかってしまい、ユーザーの意図せざるタイミングでスクロールが発生してユーザーの怒りブチギレを誘発する現象)がほぼ皆無なのが非常によろしい。
    ただし、ロジテックのこのタイプのホイールは、ホイール押し込みはクリックホイール/フリーホイール切り替えラッチ機構になっていて、中央ボタン機能にはなっていない。しかし中央ボタン機能を無くしてしまう勇気はなかったようで、ホイールの下にあるボタンがその代わりの中央ボタンである。中央ボタンを使ったことがない私でも「こんなの押せってか。バカにしてるんじゃないのか?」と思ってしまう。マウス持ち替えるか指を不自然に曲げないと押せないじゃん、こんなとこ。というわけで、中央ボタンを使う人には向かないだろうな。
  • (ちょっとだけ放置した状態からの)スリープからの復帰があまり気にならない時間である点。ロジテックのマラソンマウスっていう3年電池が持つと称するワイヤレスマウスは、スリープからの復帰が遅くてイラっとする、という評判のようだ。
    まあそのかわり、M905は全然電池が持たないのだが・・・。毎日、朝から晩まで仕事に使用していると、2週間程度で交換が必要になる。だからエネループ運用は必須である。公称電池寿命は最大4ヶ月なのだが、どんな測定条件だ。ロジクールに問い合わせたら「測定条件は非公表です」と言われたよ。それじゃなんの参考にもならねえ。

で、チャタリングが起きてしまった話に戻ると、
M905は3年保証をうたっている製品なので、ロジクールに連絡したところ「M905は生産終了で交換品もない。M905rに交換していいか?」とのこと。(ロジテック(日本のロジクール)は日本においては製品の修理は行わず、故障については交換対応になることを明言している)
M905rっていうのにモデルチェンジしてたのか。どれどれ・・・と見てみたらツルツルじゃねーか。なんだよ、ひでえな・・・。

という状況なので、現在ロジクールのサポートと交渉中なのですが、その間しょうがなく別のマウスを使っているのですが、これがツルツルなのです。
そこで、一計を案じて・・・

テーピング用のテープを、指を置くところに、超テキトーに貼ってみた。

・・・意外とイケるな、これ・・・汚れたら貼り替えりゃいいしな・・・ふむ・・・つるつるマウスを売る大手メーカーはこんな感じでもっとイケてるスキン、用意してくれないかな。
でもこのマウスのホイールはM905みたいな円筒状ホイールと比べると指に食い込むからやっぱり嫌いなんだけどね。

後記。その後M905はロジクールに返金対応してもらうことになった。そして、近所の家電屋に行ってみたら、運良く箱痛み処分品のM905が残っていたのでそれを買ってきて使用しています。

2014/09 後記。2台目のM905もチャタリングするようになってしまった。M905rもその後継のM905tも(M905rとtはパッケージを換えただけ??)チャタリング起こすらしいし、ほんとボタンの耐久性は、ダメだなこのシリーズ。
でもそれ以外の点では非常に気に入ってるんだよなあ・・・
しょうがないので、つるつるな点には目をつぶって・1~2年後に交換してもらうことを覚悟して、M905tを買うか・・・。

2017/07 後記。2015/12 に、形状はM905シリーズとほとんど同じで、乾電池式から内蔵充電池式に変わった、MX1500 MX Anywhere2 を購入した。形状こそそっくりだが、話によるとスイッチが変更されているらしい。毎日使っているが、1年半以上、チャタリングは起きていない。
(注:私は左右ボタンとホイールのみ使っており、その他のボタンについてはわかりません)
MX1500 は、ホイールの形状が変更されていて(中央にミゾが入った)、当初は戸惑ったが、今では慣れてしまった。

2021/03 後記。MX Anywhere2 を5年ほど使っていたが、チャタリングは起きず問題なく使えていた。しかしそろそろ次を用意しておいたほうがよいかと思い、MX Anywhere3 が出たのでそれを購入してみたが、これが個人的には失敗だった。充電端子がUSB-Cになったのはいいのだが…。

  • マウスの側面がすべすべした(シリコーン?)素材になり、なんと横方向にいくつもスジが入ったデザインになってしまった。このせいでマウスを保持する指が滑ってマウスがずれてしまう。なんでこんなデザインにしたのか小一時間問い詰めたい。
  • ホイールのモードがメカ切り替えからMagSpeedという電磁的切り替えになりラチェットモードのクリック感の強弱までもが設定可能になりカッコいいのだが、モードを「ラチェット」固定にしておけば速く回してもラチェットモードのままなんだろうと思って買ったのだが、実際は惰性でホイールが回り続けてしまい実質フリースピンに切り替わったような動作をしてしまう。すごく不満。
  • ラチェット音が耳障りな音質
  • ホイールについにラバーがなくなり全金属ホイールとなった(冷たさを心配したけどまあこれは慣れた)

我慢できずに処分してしまい、MX Anywhere2S を買い直して使っている。
MX Anywhere2S は、MX Anywhere2 と比較してずいぶん電池が持つようになった。しかし、sleepする頻度がちょっと多いようで、すこしイラッとすることはある。
→その後、MX Anywhere2S なんと、7ヶ月ほどでチャタリングが発生。まったくもう…。

詳細表示

Windows7のエクスプローラで、属性(アトリビュート)を表示させておきたくて、右クリックして「詳細表示の設定」というダイアログを出すと

「属性」っていうMS-DOSの昔からある項目を探すだけで一仕事っていうか、非常にイライラさせられるんですけど、
どうしてこうなった

ちなみにXPのエクスプローラ

当時はこれでもかなりウザくなったもんだと思ったもんだが今になってみると
昔はよかったなあ

GALAXY SIIのmicroUSBコネクタ

半年ほどGALAXY SIIを使っているが、microUSBコネクタの接触が、いまいち、悪くなってきた。
microUSBケーブルとの相性(コネクタの接触の相性)がある感じ。

  • 症状その1

    充電器で充電しているだけでも、通信用の接続と誤認し「USBモードを有効にするとBluetoothが無効になります。続行しますか?」というダイアログが出ることがある。

  • 症状その2
    充電中マークが点いているのに、電池容量は減っていくという不条理な状態になることがあり、非常にムカツク。

硬いケーブルだと、ケーブルをさわったりした拍子にコネクタに力が伝わりやすく、接触不良になりやすい。クルマで充電してるような時は常に振動が加わるのでやっぱり接触不良になることが多い。
この接触がイマイチで硬めのケーブルというのが、Samsung純正の付属品おっと試供品というexcuseでしたねのケーブルもそうだったりするのでなおさら腹が立つ。

そこで、何本かmicroUSBケーブルを試した。

いまのところ、ほぼ問題無く使えているのがこのミヤビックスの RCUMBC です。巻き取り式なので柔らかい平ケーブルが使われており、ということはケーブルに加わった力がコネクタに伝わりにくく、つまり振動に強い。クルマで充電している時にも比較的安心。
いまのところ、2本買って、2本とも問題無い。なお、1本目はおそらく2008~2009年ごろに買い、2本目は2012/01に買った。


実は2本目のミヤビックス RCUMBC を買う前に、「巻き取りケーブルで、さらに充電・通信切り替えスイッチが付いてたら、充電器使用時に通信と誤認されることもないだろうから完璧なんじゃね?」と思い、このRIXのケーブルを買ってみたのだが、残念ながらこれは(接触不良を起こした)GALAXY SIIのコネクタとは相性が良くないようで、挿しても充電がはじまらないことすらある接触の悪さだった。残念。



Apple iPhoneのDockコネクタはデカいけど、まだあっちのほうが信頼性がある感じだなあ…。
EUはなんで充電端子仕様をmicroUSBなんかに統一したんだよ!ヽ(`Д´)ノ

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

後記。その後、ドコモショップに持っていってこの症状を訴えたら、確認後、あっさりGALAXY SII本体をその場で無料で新品交換してくれた(本体とリアパネルのみ。電池はそのまま)。
メモリのバックアップとかそういった作業は一切断ったら、かわりにモバイラーズチェック500円くれた。
同様の接触不良で困ってる場合、保証のあるうちに、時間を作ってドコモショップに持っていった方がいいと思います。
交換後は上記の全く使えなかったRIXのケーブルも使えています。

Logitech ソーラーワイヤレスキーボード K750(英語版)を買った

米amazon.comで、Logitech ワイヤレスソーラーキーボード K750を買った。

ロジクールから日本語版が売られているのになぜ米amazon.comから買うのかと言うと、英語キーボードが欲しかったからだ。

米amazon.comでは、ハードウェアは日本に送ってくれないものも多いが、これは普通に送ってくれた。
$59.99 + 送料(安い方) $12.49 で、 $72.48 でした。 $= 80円としても、5,800円くらいか。
(現在日本語版は特価3980円~通常安値4900円といったところのようだ)

「いいのかい ホイホイ輸入品のRFワイヤレスキーボードを使うなんて言っちまって?」

いいのだ。

ちゃんと技適マークがついていた。

ちょっと離れたところにあるテスト機材用に使うので、ワイヤレスと、ソーラーなので電池交換をあまり気にしなくていい点に期待して買った…のだけど、気に入ってしまって、メインPCのキーボードとして毎日使っている。

キー配列が変じゃないのが好感触。本当はテンキー無し版が欲しかったが、変態配列にされてもなあ…。
→MENUキーが無いのが不満だ。通常MENUキーになっているところにFNキーがある。まあFN+PrintScreenでMENUキーになるけど。LogitechのコンパクトBluetoothキーボードには、どうやってもMENUキーコードが出ない物があるので油断できない。

2012/02/20 後記。テンキー部上部ソーラーパネル付近の、表地が、(両面テープが弱くて?)剥がれて浮いてきた。しょぼいなあ…。

2014/01 後記。その後キーが1つパンタグラフが折れたり、キートップ印字が剥がれたりした。しょぼいなあ…。
さすがに使い続けるのは辛くなってきたので・・・もう1つ、買ってしまった。くやしい…。だいぶ円安になったので高かったが、、、。あちらではK750型番のままだが、日本でいうK750Rと同様の黒ベースのカラーリングに変わっていた。
2011年に買った個体で気になった部分が地味に改良されていたりするとうれしいが、さてどうだろうか。

2015/06 後記。2台目も、使用頻度の高いキートップ印字が、はがれてきた。パンタグラフもあやしくなってきた。耐久性は無いなあ・・・。でもソーラーパネル付近の両面テープ剥がれは起きていない。ソーラーバッテリーも快調で1年半ノーケアで使えている。

2016/11 後記。2台目はまだ機構的・バッテリー的には問題なく使えている。キートップ印字はがれはひどいけど・・・。

Firefoxのタイトルバー

最近のFirefoxで何がむかつくかっていったら、これね、タイトルバー

そんなところにFirefoxボタン置くなよ!
Windowsで、タイトルバーの左端にアイコンおいとくのは伊達じゃない。あれは、ダブルクリックしてウィンドウ閉じるためのもんでしょうが!
なに考えてんのかね!まったくもう!ふんとにもう!

→メニューバーを表示しておけば従来どおりになるのね。

タイトルバーがこうなってから、Firefoxのウィンドウ全体がなにかの拍子に一瞬ガタガタっと上下に動くことがあるのはなんだろう、気持ち悪い、と思っていたら、これメニューバーを無理矢理?非表示にしている弊害みたいね。(たまたま、ガタガタ動いた瞬間、メニューバーが一瞬見えたので、やっと気がついたよ)

メニューバーを表示しておけば、(従来どおり)Webページのタイトルがタイトルバーに表示されて便利だし、なんでメニューバー非表示をデフォルトにしたのかさっぱり理解できないよ!そりゃまあ多少はウィンドウが広く使えるけど、デメリットのほうがデカイと思うんだけどなあ。