NETGEARの24ポートGbEスイッチ GS324 をワイヤーシェルフに吊ってみた

いままで使っていた16ポート スイッチングハブ の動作が不安定になってきたので、NETGEARの24ポートGbEスイッチ GS324 に買い替えました。特にどうということもない1万円しない程度のアンマネージスイッチです。ちなみに電源内蔵・最大消費電力は11.1Wとなっています。
…ありゃ、ディスコンになってる。私が買った旧版はGS324-100JPS、2021/3月末からGS324-200JPSになったようだ。でもRJ45ポート部が黒かったのが銀色になっている以外は何も変わって…最大消費電力が12.1Wに上がってしまっている?


NETGEAR GS324

19インチラックマウント用金具が付属しているので、それをネジ止めするM3のビス穴があります。


こんなふうに金具を付けて、19インチラックにマウントします。

それではどこのご家庭にもある19インチラックに取り付けてみたいと思います…。
うそです。普通のご家庭には19インチラックはありません。
うちにはワイヤーシェルフ(ホームエレクター)しかないので、そこに取り付けたいと思います。


去年、2.5万円くらいで買った3Dプリンターで、このような部品を作りました。


19インチラックマウント金具用のビス穴を使ってネジ止めします。


ここに取り付けます。ワイヤーシェルフの棚板の縁の部分を使って、シェルフの下に吊るすようにしました。そうすると、棚の上はもちろん、スイッチを吊るした下の空間も使えるので便利!


19インチラックなら、金具で前面止めするだけで固定するところですが、3Dプリンターでプラスチック積層で作った部品ではそんな強度はないし、ワイヤーシェルフの棚板のほうもそんな使い方は想定してないでしょう。
そこで、お尻のほうも、結束バンドを数本つないで長くしたもので、ワイヤーシェルフ棚板から吊ることにしました。これで大丈夫でしょう。
(3Dプリンターで作った部品のほうも、シェルフにはあまりガッチリとビス止めしてるわけではなく、ほぼ、ビスをシェルフの横棒に渡して吊ってる、という状態です)

NETGEAR GS324
我ながらなかなか良く出来たような気がします。
スイッチはポンと置いておくのでなく固定しておくと、LANケーブル抜き差しの際(動かないように)押さえなくていいので、片手でかんたんに抜き差しできて便利!

DELL Vostro 3560 と SONY Vegas Pro 13

2012年秋に買った DELL のノートPC Vostro 3560 を使っている。
CPUは第3世代 Core i5-3210m
OSはWindows7 64bit。

これに SONYのビデオ編集ソフト Vegas Pro 13 をインストールしたが、起動時、

GPUによるビデオ処理の高速化を初期化中

で、異常終了してしまう。

Vostro 3560 は、Intel Core i5 内蔵の Intel HD Graphics 4000 に加えて AMD Radeon HD 7670M が載っていて、パフォーマンスを必要とするアプリでは Radeon HD 7670M の使用を選べるようになっている。
どうも、こういう構成だと Vegas Pro 13 は、GPUの検出のところあたりに不具合があって、落ちてしまうみたい。

ドライバを更新したらどうだろう?と、最新の AMD Catalyst を入れると…
Intel HD Graphics 4000 も Radeon HD 7670M も、どちらも動かなくなってしまう(標準VGAドライバでかろうじて動く状態で、もちろん実用にならない)。

Radeon HD 7670M を使うには DELL提供の Video_Driver_3WKM7_WN_8.933.3.4000_A04 ドライバを使うしかないようだ(AMD Radeon HD 7600M Series ドライバのバージョンが 8.933.3.4000)。
これが入れてある状態では、Intel HD Graphics 4000 も AMDのドライバで動いていることになっているみたい。この状態では Intel の HD Graphics Driver はインストールできない。

どうしても Vegas Pro を使いたかったので、Radeon HD 7670M を使うのをあきらめて、Intelのドライバで Intel HD Graphics 4000 だけ、使うことにした。

1. Catalyst をアンインストールした。
2. Intel HD Graphics Driver for Windows 7/8/8.1-64-bit Version: 15.33.36.64.4226 (Latest) Date: 6/5/2015 を入れた。

この状態なら、Vegas Pro 13 は動作した。

もともと私は Radeon HD をほとんど使ってなかったし、これでいいや・・・。HDMIで外付け液晶つないでデュアルディスプレイもできている。ゲームはもとからしていなかったし、単純な動画再生は・・・VLCだと、1080/60pくらいになると、むしろこのほうがスムーズに再生できている気すら、する(どうもアクセラレーションが効いてないらしい)。Vegas Pro 13 の動作速度はどうかというのは・・・たいしたことしていないので、よくわからない。

別にこのノート、GPUが載ってるから買ったわけじゃないんだ。適当な価格の15インチクラスでフルHDで英語キーボードを選べるノート探していたら、たまたまこれだっただけなのだ。

追記。この状態(Intelの Intel HD Graphics 4000 ドライバを使ってる状態)では、YouTubeの360度モード表示(RICOH THETAで撮ったような映像をマウスドラッグしてぐりぐり方向を変えて見る)が出来ないことが判明・・・とほほほ・・・2010年に買った Celeron SU2300 のノートPCですら表示できるのに、なぜなの・・・。

追記。その後検索していたら、同様の構成(Intel Core i + AMD Radeon HD 7600M Series)の他社ノートPC(SONY, hp)では、Windows7用に AMDのドライバ バージョン 12.104.0.0 が提供されていることに気がついた。SONYやhpが提供しているドライバはDELL機に入れることが出来なかったので、検索して AMDのドライバ 12.104.0.0 をダウンロードし、これまで入れてきたドライバ(DELL提供の Video_Driver_3WKM7_WN_8.933.3.4000_A04 , 自分で勝手に入れた Intel HD Graphics Driver ) をアンインストールしてから、 12.104.0.0 を入れてみた。
そうすると、

  1. Vegas Pro 13が起動するようになった
  2. YouTubeの360度モード表示ができるようになった
  3. VLCでアクセラレーションが効くようになった(ただし、切り替え可能なグラフィックを「省電力」に設定した場合..なぜだろう?)

ではありませんか!
ということで現在はこの状態で使っている。
DELLがこのドライバを提供していないことについて恨み節を言いたい。

Androidシステムのビルドにかかる時間

4年くらい前のマシンに、1~2年くらい前に買ったSSDを足した、
ubuntu 14.04.2 LTS マシンでの Android 4.4.2のビルドにかかる時間。

CPU Core i5 2500 (2nd GEN Core i 32nm 3.3/3.7GHz 4コア4HT 6MB TDP95W)
メモリ DDR3 16GB
SSD Samsung 840EVO 750GB

ccache使用 make -j8
1回目 40分程度
2回目以降 16分程度

このくらいでもまあガマンできるけど、2回目以降10分以下になるとうれしい気がする。
でもあまり投資したくない。
6コアCPUの値段をちょっと調べる…高いなあ…

追記。このマシンのメモリを試しに32GBにして
make -j32 等、してみたが、速くはならなかった。

追記。このマシンのCPUを Core i7 3770 (3rd GEN Core i 22nm 3.4/3.9GHz 4コア8HT 8MB TDP77W)
にして(メモリは32GB) make -j32 してみたが、 ccache使った2回目が13分になった程度だった。

… このマシンのCPUとメモリへの投資はあんまし意味がなかったようだ。とほほ。ていうか最初の構成がバランスとれてた感じ。

R6016 not enough space for thread data

ときどき、
rterr
というダイアログが出るのだが、このダイアログでは、プログラム名が見切れていて、どのプログラムがコケているのか、わからない。
(Windows7)

タスクマネージャを見る。幸い?このダイアログタイトルが表示されていたので、「プロセスの表示」で、これが何者で発生しているエラーか、わかりそうだ。
taskman1

ハングアウト(旧GoogleTalk)プラグインか…これGoogleTalk時代から出るんだよな…直らないのかな?
taskman2

Google日本語入力とLogitechのunifying接続英語キーボードでトラブル

Google日本語入力をWindows7にインストールしたら、英語キーボードなのに日本語配列になってしまった。
(Shift+2 で ” が出る)

そんなの、レジストリエディタで
“HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layouts\E0210411\Layout File”
を kbdjpn.dll から kbdus.dll にすりゃいいんじゃないの?簡単じゃん?

・・・あれ・・・そうしたら英語配列にはなったが、Alt+` で日本語入力モードにできない・・・だめじゃん。
Microsoft Office IME 2010 の場合はここ(Layout File)が kbdus.dll になってる状態でちゃんと動いてるのだけど、Google日本語入力はなんか流儀が違う?ここは kbdjpn.dll のままにしておかないといけないようだ。

コンピューターに USB キーボードを接続したときに Windows で正しいキーボード レイアウトが使用されないことがある (Microsoft)
こういう話か?
“HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\i8042prt\Parameters”
でも、OverrideKeyboardType は 7 になってるし、 OverrideKeyboardSubtype は 0 になっている。

・・・そういえば、このキーボード、Logitech K750 英語版なのだが、これを最初に接続したとき、日本語版のK750と認識されて、あとから “HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\i8042prt\Parameters” で英語に変更したことを思い出した。

ググっていたら、USBキーボード単位での KeyboardTypeOverride, KeyboardSubtypeOverride があるそうで、そっちの問題か?

デバイスマネージャで Logicool HID-compliant Unifying keyboard のデバイス インスタンス パスを確認して、そのレジストリエントリを見る。

“HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\HID\VID_046D&PID_C52B….(略)\Device Parameters\KeyboardSubtypeOverride”

あちゃー、2 になってる・・・

ここを 0 にして、再起動し、Google日本語入力をインストールし直したら、無事、英語キーボードで英語配列で Alt+` で日本語入力モードにできるようになった。