映画「日本沈没」を観た(樋口真嗣監督)

特撮・CGは、なかなか、よかった。(深海作業艇の描写がイマイチに感じたが)
しかしお話のほうは…なんじゃこりゃ。というか強烈な既視感が。
以前映画館でやってた予告編で「奇跡は起きます、起こして見せます!」と、くさなぎ君が言っていたのを観た。このときは正直(そーゆー意味で)「おおっ」と思ってしまった私だった。
しかし本編を観たいまは「おいおい…」と言うしかない。
まあそーゆー既視感はガイナックスのアニメが好きだった人間以外はあまり感じないだろう。
そういう点は別にしても、シナリオがツッコミどころ満載である。もうちょっとうまく騙してくれないと、ノレませんよ…。
それと、男女のドラマがうすっぺらで説明不足と感じる。そういうところはスッパリ省いて、それこそ「一気呵成に」話を押し進めてくれれば、ツッコミどころにはある程度目をつぶれたような気もするが…オトナの事情があるのだろうか。
一緒に見た人は「怪獣映画みたい」と言っていた。当たってる。
エンドロールを見ると、富野由悠季や庵野秀明・安野モヨコ夫妻がカメオ出演していたようだ。…気が付かなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください