「POWDER4ぐんま」を使って一日で群馬4スキー場を巡ってみた

2017-2018シーズンから、群馬県4スキー場で使える共通時間券「POWDER4ぐんま」が発売された。
これが使えるのは

    丸沼高原スキー場
    水上宝台樹スキー場
    川場スキー場
    尾瀬岩鞍スキー場

これらスキー場は、同じSKIDATA社ICカードシステムを採用しているので、実現できたわけですね(尾瀬岩鞍が最も最近、今シーズンから採用した)。
時間券は、1時間単位で使うことができる券で、残り時間があれば別の日にも使える券。一日ガッツリとは滑らないことが多い人には魅力的です。

POWDER4ぐんま20時間券は、定価16,000円のところ、早割の場合は11,000円で販売されていた。
例えば丸沼の20時間券は15,000円なので、丸沼で使うだけだとしてもすでにお得感がある。
しかも、各スキー場で各1回ずつ計4回まで、ソフトドリンクサービスを受けられる。

このPOWDER4ぐんまを使って、1月の平日、仕事を休みにして、一日でこれら4スキー場を巡ってみた。

8:20 丸沼で滑走開始。1時間滑走。
9:30 尾瀬岩鞍へ移動開始。

9:55 尾瀬岩鞍到着
10:00 尾瀬岩鞍で滑走開始。1時間滑走後、食事休憩。
11:55 川場へ移動開始

12:55 川場到着
13:10 川場で滑走開始。1時間弱滑走(やばい時間が厳しい、と思い始めた)
14:10 宝台樹へ移動開始

15:20 宝台樹到着
15:30 宝台樹で滑走開始。1時間滑走
16:30 帰宅開始

だいたいこんな感じになった。

各1時間しか滑れず、非常にせわしない。ブーツ脱いだり板しまったり、また板出したりブーツ履いたり、めんどくさい。
最後の宝台樹など、16:00からどんどん各リフトが運転終了してしまうので、うっかりしていて第9クワッドにも乗れなかった。

丸沼-尾瀬岩鞍は近いので、このハシゴは、ありかな…
あとはキツいな…という感じでした(当たり前だ)。

川場から水上への移動に使った道は…私は雪道運転が好きだし車は四駆なので楽しく走れましたが、二駆の場合は、これはやめたほうがいいかもしれない。

なお、POWDER4ぐんまのソフトドリンクサービスは、丸沼・川場の場合は、レストランのソフトドリンクの提供でしたが、尾瀬岩鞍の場合は、缶のブラックコーヒーorポカリスエットorコーラで、ちょっとしょぼい?
(宝台樹は未確認)

■2019/01 追記
2018-2019シーズンのPOWDER4ぐんまは、早割で20時間13,000円と、値上がりしてしまった。
ソフトドリンクサービスの内容は、

  • 丸沼:レストランのソフトドリンク。
  • 川場:メインレストランティンバーラインのドリンクバーで「1杯だけ」飲める。
  • 宝台樹:センターハウスのドリンクコーナーでコーラ等のメガカップ(現地価格300円)が飲める。冷たいドリンクだけである。
  • 尾瀬岩鞍:今年は、スキー場直営レストランのソフトドリンク提供にサービス向上していた。山麓ホワイトスクエアの場合、冷たいドリンク(現地価格250円)、ホットコーヒー等(現地価格350円)のどちらでもOKだった。

スキー場周辺の温泉等で、当日の使用済みリフト券を持参すれば割引する、というところがある。(POWDER4ぐんま使用時に限ったことではないが)これらのICチケットスキー場では、「当日の使用済みリフト券」を持っていけない場合がある。そういうときどうするか?

  • 丸沼、尾瀬岩鞍の場合
    →チケット売り場にいうと「来場証明」を出してくれるのでそれを持っていけばよい。
  • 宝台樹の場合
    →使用済みICチケット回収箱がおいてあるのだが、温泉割引等に必要な場合は「箱から勝手に取り出して持っていって」と書いてある。大丈夫なのか?と思うがそれでいいらしい。中には当日のものではないチケットも混ざっているが別にそれでかまわないようだ。
  • 川場…未確認。

母さんが夜なべをしてゴーグル縫ってくれた

いままでSWANSとかAXEとか、日本メーカーのスノーゴーグルを使っていたが、はじめて、オークリーのゴーグルを買ってみた。

いままで使っていたゴーグルは、みな頭の後ろでバックルで付け外しするタイプだったが、オークリーのゴーグルはバックル無しだった。
これを、ヘルメットの上から着脱するのはめんどくさいと思うんだけど、なぜバックル式にしないんだろう・・・。
私の場合、ヘルメットにインカムを取り付けてあったりするので、それをよけてストラップをかけねばならず、バックルなしではさらにめんどくさい。

そこで、バックル式に改造してしまおう、と思った。

しかし、バックルパーツの入手にはちょっと苦労した。
こういう、普通の、ベルト用バックルパーツ(例:これはドイターのウェストポーチのバックル)

なら、単体で売ってるのだが、こういうのはわりと厚みがある。ゴーグルバックルパーツは薄型であってほしい。

そこで、手持ちのゴーグルをひとつバラしてバックルパーツを流用してしまおう、と思った。しかし、私が買ったオークリーのゴーグルのストラップは50mm幅と、かなり太い(注:すべてのオークリーゴーグルのストラップが50mm幅というわけではないようだ)。私の手持ちの日本メーカーのゴーグルのストラップは40mm幅のものばかりだった。そればかりか、店頭でいろんなゴーグルを見てみたが、50mm幅というのは、なかなか見当たらなかった。

でも、いろいろ探していたら、某店の店頭で、SPOONというブランドの(比較的廉価な)ゴーグルに、50mm幅ストラップのバックル式ゴーグルがあるのを見つけた。さらにワゴンセールでその型落ちのが安く売られていた。それを(バックルパーツを採取するためだけに)買ってきた。

可哀想なSPOONゴーグルのストラップ縫い付け糸をほどいて採取したバックルパーツ。
(ほどく前に、どのように取り付けてあるのか、観察しておいた)

そして、オークリーのストラップを縫い付けてある糸をほどく(もう後戻りできない)。

オークリーのゴーグルのストラップは、バックルなしだけど、ストラップは1本ものというわけではなく、左右二本のストラップを、幅調節用の左右のカンを通して組み合わせた後に、それぞれのカンに縫い付けてある(ちょっと説明しにくいが)。

要するにカンに縫い付けてある糸をほどくと、左右2本に分離する。だからバックル式にするのにストラップをちょん切ったりする必要はないのです。バックルパーツを縫いつける必要はあるけれど。

それを、入手したバックルパーツを取り付ける形で仮組みしたのがこの状態(まだ縫ってない)。

さて、これ縫うのか・・・縫いしろ、狭いな・・・おれ裁縫なんかろくにしたことないし・・・

そこで・・・ねえ、これ縫えると思う?と母親に相談したら、母親は、アンタこれ縫えって持ってきたんでしょ?と、夜なべをして朝のうちにホイホイと、縫ってくれました。ありがとう母さん。

[Android] Bluetoothが勝手にOFFになって困ってる人用のアプリ

私の使っている Androidスマホが、Bluetooth が 勝手に OFF になっていることがある。

車に乗り込んだときなど、車の(カーナビの)ハンズフリーに自動的に接続していてほしいので、Bluetoothは常にONにしておきたい。

それで私は常にBluetoothはON状態にしてるんだけど、でも、私の使ってる端末がへんなのか、なぜか、勝手に Bluetooth が OFF になっていることが、よく、あるのです。
(BluetoothをONにしてあるのに) 端末の電源を再投入したときなど、高確率で、OFF になってしまう。
映画見る時などは電源を切るので、帰りに電源を入れて車に乗って…しばらくしてからハンズフリーにつながってないのに気づいたりする。

なんで勝手にOFFになるのか…原因を調べるのもめんどくさいので、
「定期的にBluetoothがOFFになってないか調べて、OFFになっていたら、ONにする」アプリを作りました。

bton (ビートン)

…私以外に使う人いるだろうか?

ドッペルギャンガーというブランドの自転車

2013年に、ドッペルギャンガーというブランドの折りたたみ自転車を買った。

先日、乗っているときに、いきなりチェーンホイール(ペダルクランクのついてる、フロントのギヤ)からチェーンが外れた。
チェーンが外れるのは別にいいのだが、でもなんか変な音がする。
チェーンホイールにはチェーンガードが付いていたよな、と思いながら下を見ると、チェーンガードそのものも、外れてブラブラしていた。

これがチェーンガード。この時点に至るまでチェーンガードなんて気にしていなかったが、プラのやすっぽいパーツだった。

この表面?のネジっぽいものは、ダミーである。その証拠に・・・

割れてる。5箇所中、3箇所が。

で、どうやって表面・ホイール・裏面を固定してるかというと、裏面?から、こんな作業性の良さそうなwタッピングネジで止まっていた。
これひどくない?振動ですぐゆるみそう。

実際、外れたとき、タッピングネジはもう、5本中、1本しか残っていなかった。
点検しなかった自分も悪いけどさー。

TP-LINK の無線LANルータ C3150

アンテナがニョキニョキと何本もついていて、いまどきの規格に対応している無線LANアクセスポイントが欲しくなり、最近、かなりスペックの良いネットワーク機器を競合他社に比べてかなり安く販売している TP-LINK の無線LANルータ C3150 を買った。
ルータとしては使わずアクセスポイントとして使っているのでルータ機能やその他付帯機能についてはわからない(使っていないので)が、Wi-Fiアクセスポイントとしては特に不満はないなかったけどその後イヤになって捨てた(後述)。

web管理画面のデザインがよろしくない。

ON/OFF選択が、チェックボックスの場合と、スイッチ様のピクトグラムの場合とが混在している。

    チェックボックスの場合、チェックするとグレーアウトし、チェックを外すと濃色で表示される。意味不明。グレーアウトしてたらその機能は現在使えない状態か?と思ってしまう。
    スイッチピクトの場合、どっちがONだか、わからない。クリックしてトグル操作しても単にピクト表示が逆向きに切り替わるだけ。マジでわからない

底面に壁掛け用の穴があるが、壁掛け設置すると、RJ45コネクタが、全部、上を向くことになる。ホコリが心配。

TP-LINKの無線LANルータは、特別、アクセスポイントモードというのは用意されていないみたい。
アクセスポイント(ブリッジ)にしたい場合は、WANはほっといて、LANに(お宅内のネットワークとして適当な)IPアドレスを振って使ってね、というFAQが公開されている。

しかし、現時点では、LAN側で、デフォルトゲートウェイを設定することが出来ない。このため、C3150自身がNTPして時刻設定するといったことができない。この点TP-LINKのサポートに問い合わせたところ、次回ファームウェアアップデートで対応する予定、とのことだった。

追記。その後C3150の新しいファームウェアが公開され、アクセスポイントモード(ブリッジモード)が実装されたが、ブリッジモードにしても、LAN側でデフォルトゲートウェイやDNSが設定できる Web UI にはなっていなかった。なんだよウソかよ・・・。

ルータモードとブリッジモードとでは、LAN側IPアドレス設定が独立しているので注意が必要である。つまり、まず初期化状態(ルータモード)でLANに静的IPアドレス設定をして、それからブリッジモードにして再起動すると「あれっさっき設定したIPアドレスでC3150につながんねえ」ということが起きる。デフォルトはDHCPで設定されるようになっている。

デフォルトゲートウェイやDNSが設定できるようになっていないが、LAN側IPアドレスを(C3150以外のLAN内の他の)DHCPサーバから振るようにすれば、DHCPサーバからもらったデフォルトゲートウェイ・DNSを使うようなので、しかたなく、C3150のIPアドレスは、(C3150以外のLAN内の他の)DHCPサーバで静的にマッピングすることにして使っている・・・(クライアントはともかくネットワーク機器やサーバは固定IPアドレスで使いたいと思っているので)。

追記。うちでは上記のようにブリッジモードでIPアドレスを(他の)DHCPサーバで固定で振っているわけだが、ログをみたら、C3150はDHCPリクエストを10秒おきに行っていることが判明・・・なんなのこいつ。そのうち捨てよう・・・。

さらに追記。その後、捨てました。TP-LINKは、福岡大学NTPサーバに迷惑かけたりもしているし、その後は買わないようにしている。