FM3マイコンのUSBホスト機能のHIRQレジスタ

富士通だったけどいつのまにかSpansionになっていたFM3マイコンのUSBホスト機能をいじっていたら、デバイスコネクト割り込み(HIRQ->CNNIRQ)やディスコネクト割り込み(HIRQ->DIRQ)が、クリアしたつもりなのにまた割り込みがかかったり、とりこぼしたり、妙なことになっていた。

HIRQレジスタはbitbandでビットアクセスしてクリアしていたのだが、
FM3 ペリフェラルマニュアル 通信マクロ編 の 正誤表 というエラッタが出ていて・・・

ホスト割り込みレジスタ(HIRQ)はバイトでアクセスしてください。
HIRQレジスタの各ビットの説明の追加部分:
リードモディファイライト時、本ビットは 1 が書き込まれます

あっ、それでおかしくなるのね…。
バイトアクセスするように書き直したら、大人しくなった。

関係ないけど、FM3のMFSは、I2Sが出来たらよかったのになあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください