車の雪下ろしブラシ コンパル アルミ・スノーブラシG型

車に積んでおく雪下ろしブラシとして、「コンパル アルミ・スノーブラシG型」を買いました。

(画像はコンパルさんから…)

どこにでもありそうなスノーブラシですが、


ブラシ部分は7段階に角度調整が可能。雪を斜め方向にかきおろしたり、真っ直ぐにすれば収納便利。


そして、こういう、お尻にスクレーパーがついているブラシは、収納時、スクレーパーで車内をキズつけやしないか心配になるものですが、スノーブラシG型のスクレーパーは、取り外しができます。

というわけで、これまで買ったスノーブラシの中で一番のお気に入りです。

スキー用ヘルメット GIRO ZONE MIPS 付属のPOVカメラマウントの空回りするナットを交換

GIROのヘルメット、ZONE MIPS等には、POVカメラマウントという名前のGoProマウントが付属している。
付属しているのはいいのだが、ナットが…。
丸い袋ナットを樹脂マウントの丸い穴に差し込んだだけになっている。
ボルトを締め込んでいくと、ナットは樹脂マウントの穴の中で空回りしてしまい、しっかり締められない。どうしてこんなナットにしたのだろうか??なんとかしてこの丸ナットを固定してやろうと、接着剤で固めてみたりしたが、だめだった。

そこで…。

手持ちのGoPro用マウントパーツから、六角袋ナットを取り出した。普通はGoProマウントにはこれが使われている。これを使ってほしいんだよ。そうすれば空回りしないのに。

で、これをどうしたかというと、

  1. GIROのPOVカメラマウントにもともとはまっている、丸い袋ナットを外す
  2. かわりに六角袋ナットをあてがう。そしてボルトを軽くねじ込んだ状態にする(この時点ではナットはマウントに食い込めていない状態なので、普通のGoProマウント用ボルトは長さが足りず、ナットに届かない。そこで適当な長さのM4のボルトを別途用意して使う)
  3. そして六角袋ナットをバーナーで炙る!加熱しすぎないように!慎重に遠火で!(キャンプ用OD缶バーナーで割と細く炎が出るやつを使いました)
  4. 炙りながら、ボルトを、真っ直ぐ、じわじわと引っ張る!加熱された六角袋ナットがマウントの樹脂を溶かして食い込んでくる!(曲がらないように注意!食い込ませすぎるとGoProがはまらなくなるので注意!)
  5. いいあんばいに六角袋ナットが焼きバメできたところで流水かなんかでよく冷やす!(完全に冷えるまで曲がらないように注意!)


やった!成功だ!これでしっかりボルトを締められる!

もっとも、このPOVカメラマウントは、あちこち、あえて弱く作って、いざというときはカメラをふっ飛ばして人体の方を守るコンセプトなのかもしれない、という気もします。このマウントそのもののヘルメットへの固定も、ただ、差し込むだけだし。

試される方は自己責任でお願いします。また、樹脂マウントの他の部分を溶かしてしまわないようにご注意ください。

なお、失敗しても、POVカメラマウントは、1,500円くらいで買えるそうです(スノー用GIROヘルメット扱い店で、ZONE用カメラマウント取り寄せて、と注文すればよいそうです)(自転車用GIROヘルメットは代理店が違うみたいなので注意)。

NETGEARの24ポートGbEスイッチ GS324 をワイヤーシェルフに吊ってみた

いままで使っていた16ポート スイッチングハブ の動作が不安定になってきたので、NETGEARの24ポートGbEスイッチ GS324 に買い替えました。特にどうということもない1万円しない程度のアンマネージスイッチです。ちなみに電源内蔵・最大消費電力は11.1Wとなっています。
…ありゃ、ディスコンになってる。私が買った旧版はGS324-100JPS、2021/3月末からGS324-200JPSになったようだ。でもRJ45ポート部が黒かったのが銀色になっている以外は何も変わって…最大消費電力が12.1Wに上がってしまっている?


NETGEAR GS324

19インチラックマウント用金具が付属しているので、それをネジ止めするM3のビス穴があります。


こんなふうに金具を付けて、19インチラックにマウントします。

それではどこのご家庭にもある19インチラックに取り付けてみたいと思います…。
うそです。普通のご家庭には19インチラックはありません。
うちにはワイヤーシェルフ(ホームエレクター)しかないので、そこに取り付けたいと思います。


去年、2.5万円くらいで買った3Dプリンターで、このような部品を作りました。


19インチラックマウント金具用のビス穴を使ってネジ止めします。


ここに取り付けます。ワイヤーシェルフの棚板の縁の部分を使って、シェルフの下に吊るすようにしました。そうすると、棚の上はもちろん、スイッチを吊るした下の空間も使えるので便利!


19インチラックなら、金具で前面止めするだけで固定するところですが、3Dプリンターでプラスチック積層で作った部品ではそんな強度はないし、ワイヤーシェルフの棚板のほうもそんな使い方は想定してないでしょう。
そこで、お尻のほうも、結束バンドを数本つないで長くしたもので、ワイヤーシェルフ棚板から吊ることにしました。これで大丈夫でしょう。
(3Dプリンターで作った部品のほうも、シェルフにはあまりガッチリとビス止めしてるわけではなく、ほぼ、ビスをシェルフの横棒に渡して吊ってる、という状態です)

NETGEAR GS324
我ながらなかなか良く出来たような気がします。
スイッチはポンと置いておくのでなく固定しておくと、LANケーブル抜き差しの際(動かないように)押さえなくていいので、片手でかんたんに抜き差しできて便利!

片耳Bluetoothヘッドセット バッファロー BSHSBE200シリーズ

片耳Bluetoothヘッドセット バッファロー BSHSBE200BK を買った。
※特定販売店向けの BSHSBE205 も同じ物みたいだ。

これまで使用していた片耳ヘッドセットがそろそろスイッチとかへたってきたので、新しいのを物色していたところ、2017年8月に発売されていたこれに気がついた。

  • リダイヤルは、FUNCボタンとボリューム+を同時単押し
    私はBluetoothヘッドセットのリダイヤル機能が嫌いだ。誤操作で他人に迷惑をかけてしまうことが多い、不要というか、外してほしい機能だと思っている。
    大きなボタンを2度押し、という誤操作しやすい割当になっているものが多いが、これは誤操作配慮してあるようで、好印象
  • AVRCP対応(FUNCボタンで音楽START/STOP、ボリュームボタン+/- 長押し(1秒)で曲送り/戻し)
  • Bluetooth Class1
  • イヤーフック付き

といったあたりが、購入検討時に、良いのではないか?と思ったポイント。

これまで使っていたJabraやPlantronicsの片耳ヘッドセットは、AVRCP対応が無いか限定的だったので不便だった。
また、AVRCP対応のものでも、曲送り/戻しが「2秒長押し」などというものがある。私はせっかちなので2秒なんて嫌なので、この点も好印象。

音楽を聞く上での音質は…まあ片耳・耳掛け式では、こんなもんかな。

電源ON/OFF が FUNCボタン3秒長押しは、けっこうイラつく。電源スイッチがスライドスイッチだったらよかったなあ

チェーンでブレーキを固定するタイプのスキーバイスを、マジックテープに換えてみた

10年近くまえに、ヴィトラというブランドの、パーフェクトバイスという、チェーンで固定するタイプのスキーバイスを買ってずっと使ってきた。チェーンエンドをビンディングのブレーキに引っ掛けて引っ張り、チェーンのコマをバイスセンターに引っ掛けて、板を固定する。するとブレーキストッパーにもなってしまうという一石二鳥もの。

しかし、スキービンディングのブレーキは様々な形状があり、このチェーンが引っ掛けにくいものがあったり、引っ掛けても滑ってしまったりすることがある。ワックス後にスクレーパーをかけていて板がちょっとしなるとチェーンが外れてしまってイライラすることがあった。

さらに、ファットスキーになると、引っ掛けることそのものが、できなくなった。板のほうが、チェーンを引っ掛けるバイスセンターの幅よりずっと広いため、チェーンが斜めになって、引っ掛けようとしても、外れてしまうのだ。
そういう場合はチェーンをクロスして掛ければいいよ、と言われるけど、うまくいかんのよね。
現行製品は、バイスセンターの幅を広げたり、改良されているのかしら?

諦めて、普通のスキーバイスを買おうかと思ったけど、私はこのヴィトラのバイスは比較的廉価だからこれを買ったのであって、普通のスキーバイスは、高い…。

そこで、チェーンのかわりにマジックテープを使ってみようと思いついた。

ホームセンターで、こんな、あらかじめ穴と溝があいてる、厚手で丈夫そうなステンレスのプレートを買ってきた。400円くらい(これが本来は何用の物なのか、私は知らない)。
3つ溝があるのを選んだのは、スキー板のサイズによって、マジックテープをかける位置を変える必要があるかもしれない、と思って。

そしてこれを、ワックス台に(パーフェクトバイスのバイスセンターのかわりに)ドリルで穴を開けてボルト止めにした。ナットかまして少し台から浮かせ、テープが通せるようにしてある。
ホームセンターで、25mm幅のフリーマジックテープ(切り売りで、10cmあたり28円だった)を買ってきて、こんなふうに付ける。
フリーマジックは、折り返した面どうしがくっつくタイプのマジックテープ。

そして、バーフェクトバイスのチェーンと同様に、こんなふうにスキーを固定する。

なかなか使い勝手がよいです。わたくし同様、パーフェクトバイスのチェーンが外れて不快な思いをしているかたにおすすめしたい。

…ワックスするだけなら、バイスそのものが、無くてもいいな。ワックス台の両端になにか置いて板を乗せれば。
まあ、エッジ調整時には、縦置きにするので、縦置き用溝の付いてるバイスは、無意味なわけではないけど。