CYBERSTORK 全方向LED T10 5500K CS-M001


ポジション・アクセサリーランプ用に購入。公称50ルーメン 消費電流 60mA。

電流を実測したら、12V 42mA だった。

(しかし白熱球なら300~400円くらいなのに、高いなあ…)

私が乗っている車は、バイキセノンの内側に、消灯時は、一見するとハイビームかな?とも思えるけど実はただのアクセサリーランプな灯火がある(ポジションランプは外側に別にあり、どちらもバルブはT10)。

ポジションもアクセサリーランプも、もとからついてる白熱球では、いかにも黄色く、HIDヘッドライトともミスマッチでちょっとかっこわるい気がしてきていたので、LEDに換えようと思った。

しかし、アクセサリーランプは一見ハイビームくらいの大きさのリフレクタなので、ランプからの光がまんべんなくリフレクタに当たってくれないとイマイチかっこわるい。
(前方170度程度しか照射しないLEDだと、リフレクタ中心部が照らされず、暗く、ドーナツ状になってしまう)。

それで、球形のポリマーで拡散させているタイプのバルブを選んだ。
cx-5-light

レンズで拡散させているタイプの POLARG P2830W 65ルーメン 5000K と悩んだ末、拡散性はポリマータイプのほうが上だろうと思ってこちらを買いました。(こっちのほうがちょっと安かったし)

昼間、ポリマーが白く見えるのがちょっとかっこわるいような気もしないでもないけど、まあ、いいか。
経年変化とか無ければいいなあ・・・。
消灯直後は、なぜかうっすらと光っている・・・だがしばらくすると完全消灯するようだ。どっか車両のコンデンサにでも電荷が残ってるんだろうか。球切れセンス用電流ではないようだ(そんな機能は車両にないようだし)。

球形のディフューザーを被せた拡散タイプのT10バルブはフィリップスも売っているけど、おとなしめの色温度6000Kの物は、何を血迷ったか、胴体が青い・・・そんなものをはめておくと目立ちそうなので、買う気になれませんでした。わりと安いから胴体が青くなければ買いたかったのだけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください