RIGOL DS1054Z

4CHで、日本国内正規で買っても税込54,000円ほどと、コストパフォーマンスがよく最近大人気の中国RIGOL(リゴル)のオシロ、DS1054Zを購入した。
2CHのオシロを使っていて、あと1本同時に見たいんだけど…ということがたまにあり、4CHオシロが欲しかったのだ。

このオシロは帯域50MHzのシリーズ最下位機種だが、上位機種(100MHz)と全く同じハードウェア、らしい、です、よ…。


これのキャリングバッグも欲しかったのだが、RIGOL純正品は日本では1.3万円程度と、とても高い。USでは$65なのに…。


そこで、ホームセンターで適当に探して、DS1054Zが入りそうな工具バッグを買ってきた。BIGMAN WORKバッグ WB-02 という奴で、ホームセンターでは税込み1520円くらいで購入できた。

しかしこれにはクッション材は全く入っていない。そこで・・・

まともにフォーム素材を少量買うとなんか高そうなので・・・
お風呂用のマットを買ってきた。ソフトな発泡ポリエチレンでできてる、あれです。
このマットを適当に現物合わせでカッターで切ってクッション材として突っ込んで、オシロを入れてみた。

三面をカバーして
rigol_bag_1
オシロを入れたら、余った端切れを申し訳程度に上にかぶせ、
プローブは100円ショップで買ってきたインナーバッグ的な奴に突っ込んで入れて
rigol_bag_2
チャックを閉める
rigol_bag_3

ばっちりだ(たぶん)。ビンボーくさいけど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*